NEWS

こうらくプペルについて

2017/10/1-2017/10/29まで幸楽窯では、
キングコング西野亮廣作「えんとつ町のプペル展in有田」を開催しています。
その中でとても印象深いオブジェが、こうらくプペルと呼ばれているゴミ人間です。

まるでプペル展に合わせて作られたオブジェ(作品)と思われますが、
実はこの作品は、幸楽窯が2012年に始めて行った
アーティスト in レジデンス(長期滞在型制作)に参加した佐賀大学生が作りました。

武富 洸斗(たけどみ ひろと)
彼の当時書き記したBlogがありますのでリンクを貼っておきます。
(散在してますので上から順番に読んでください)
http://takedomi.exblog.jp/16195489/
http://takedomi.exblog.jp/16203547/
http://takedomi.exblog.jp/16211703/
http://takedomi.exblog.jp/16219666/
http://takedomi.exblog.jp/16231359/
http://takedomi.exblog.jp/16242170/
http://takedomi.exblog.jp/16249231/
http://takedomi.exblog.jp/16269118/(9)と(10)見つけられず・・・

http://takedomi.exblog.jp/16404101/
http://takedomi.exblog.jp/16406983/
http://takedomi.exblog.jp/16412118/
http://takedomi.exblog.jp/16451580/
http://takedomi.exblog.jp/16451829/

最後のまとめ(必見!)
http://takedomi.exblog.jp/16486097/

動画(youtube)
武富君インタビュー(4:50-5:20、6:20〜6:58)
https://www.youtube.com/watch?v=lEDUrneIl74

彼の最近の言葉を抜粋します。2017/1/31
https://www.facebook.com/hiroto.takedomi
こうやって年に数回は昔の自分の作品の顔をFacebookで見ることができることは、
その老いた作品が僕から離れているような、むしろ僕がそこで老いているような、
不思議な感覚。
幸楽窯、まだまだワクワクをくれるようです。

【まだまだつづく・・・】
幸楽窯の徳永です。彼は洋画を専攻してましたが、東映の大道具に就職しました。
映像も大好きで、レジデンスが終わった後でもこんな映像作ってました。
https://www.youtube.com/watch?v=UZ6Kqxf81fk&feature=youtu.be
幸楽窯でモノ作りに携わったせいで、彼の人生にも影響与えたのかもしれません(笑)

彼や今まで滞在した若者に私は話します。
「何故綺麗に飾っても会期があるおかげで撤去されなければならないんだろう?
ここは永久展示が基本。邪魔にならないところに飾り続ければ良いよ。」

資本力があれば、大きな宣伝と著名な作家を呼び続けられます。
西野さんの言葉にもありましたが、自分(幸楽窯)の強みとは何か?

「ワクワクのおすそわけ」
その強みを理解出来る人に幸楽窯を開放することで、
笑顔だけでなく地域に育まれた伝統を皆さんと共有しつづけたいと思います。

あなたも目撃者として参加宜しくお願いします。

2017-10-11 | Posted in NEWSNo Comments »