体験の先にある、
新しさを。

Center Treasure Hunting, Artist in Residence, Business to Business Circles Craftsmanship Customer Creativity Experience

Craftmanship - 職人気質 - /
Customer - 顧客目線 - / Creativity - 革新・創造性 -

幸楽窯でのすべての体験は、
3つのCが土台となっています。
気軽にできること、
しっかりと取り組まなければいけないこと、
たくさんの人の想いと長い歴史がつくった幸楽窯を
体験してみませんか。

幸楽窯について

Kouraku Kiln

幸楽窯は解体した小学校の材料を利用して
大きな工場を構えています。
広大な敷地内にはあらゆる機械や作業場が並び、
なんだかわくわくする
不思議な空間となっています。
古い建物ならではの趣や空気感、
懐かしさなどは実際に足を運んで
感じていただきたいのですが
その前に、少しだけご覧になっていただき
興味を持っていただければと思います。



Facebook speech bubble

Facebook


Instagram speech bubble

instagram






    わたしたちは「家庭に幸いを、食卓に楽しさを」を社是に、積極的に市場調査と新しいデザインを常に模索し現代感覚による古伊万里様式を取り入れた家庭用食器から、とっておきの感動を演出できる割烹食器に至るまで、幅広く華麗な陶磁器を焼き続けています。

    初代徳永虎助が、有田町応法山に初めて窯を築いたのは慶応元年(1865年)。
    以来百有余年営々と窯の火を消す事無く「ひた向きに焼き物作りに取組む初代の意志」を継いでまいりました。
    昭和37年には有田町丸尾に新たに窯を築き、現在はその地で多品種中量生産に迅速に対応すべく、鋳込みから素焼窯・絵付・本窯・赤絵窯まで全行程を堅持して一貫生産するようになりました。
    また、鋳込み用の型デザイン・製作、転写デザイン室も兼ね備えており、各工程の専門職人がそれぞれの技術を活かし有田の伝統とさらなる革新を求めるためにオリジナルデザイン開発にも力を注いでいます。

    有田の伝統とさらなる革新を求めて
    体験する

    Experience

    Classical Dishes
    Experience 01

    陶磁器

    Classical Dishes

    Craftsmanship

    日本の磁器発祥の地有田。
    400年の歴史が紡いだ陶磁器。

    ハレの時も、そうでない時も。
    陶磁器は生活を豊かにする身近なものです。

    幸せは食卓の中にある。ーー 幸楽窯オリジナル作品は、美しさだけでなく、それを使用するすべての人に幸せをもたらすものです。私たちは1865年の創業以来、伝統的な食器を生産し続ける一方で現代的なアプローチによる商品も数多く生産しています。幸楽窯には、普段使いの食器からハレの日の豪華な食器、アーティストがつくった個性的な作品など様々な陶磁器が販売・展示されています。
    まずは、有田に来てあなたや家族のための食器を想い楽しむことから「体験」をはじめてみませんか?

    お問い合わせはこちら

    Business to Business
    Experience 02

    「製品」としての陶磁器生産

    Business to Business

    Customer × Creativity

    長年培ってきた「製品」としての陶磁器生産の技術と、企業様とのコラボレーションで新しいものを産み出します。

    陶磁器の可能性と企業のアイデアがコラボレーション。

    ここ幸楽窯では、人々の日々の生活に根ざした製品を長年つくってきました。同時に、飲食店での使用に代表されるプロユース向けの業務用食器としての陶磁器も数多く生産してきました。そして、そこで得た知見が現在様々な企業様とのコラボレーションに活かされ、新たな商品を産み出しています。
    企業の皆さま、そのアイデア形にしてみませんか?ぜひご相談ください。

    Isehan Nestle Suntory Company Company

    お問い合わせはこちら

    Treasure Hunting
    Experience 03

    トレジャー
    ハンティング

    Treasure Hunting

    Customer × Craftsmanship

    有田焼の本質や職人の技を、多くのお客さまにより身近に、気軽に体験してもらいたい。わたしたちの「顧客本位」と「職人気質」が掛け合わさりできた幸楽窯でもっとも人気のあるサービスです。

    器の価値を見出して宝を探す、大人のためのトレジャーハンティング。あなだだけの有田焼を見つけて、大切にお使いください。

    バスケット・軍手を持って倉庫内の器をお探しいただきます。制限時間は最大で90分!の5千円コースがあり、バスケットの上部をはみ出さない程度まで器は入れ放題となります。割れてしまった場合も含みますので器の取扱いには十分ご注意ください。
    ふとした瞬間に歴史の流れと歴代の職人が手作りしている姿が頭をよぎり、タイムスリップしたような不思議な感覚にとられることでしょう。工場ツアー(お一人様¥800,要予約)とあわせてお楽しみいただけます。

    ご予約はこちら

    Artist in Residence
    Experience 04

    滞在型作陶

    Artist in Residence

    Creativity × Craftsmanship

    幸楽窯の敷地内にある宿泊施設「HAPPY LUCKY GUEST HOUSE」に宿泊・滞在しながら、施設内の様々な設備を使い、時に技術者の指導を仰ぎじっくり作陶できるプログラムです。

    経験豊富で熟練した職人たちと一緒に仕事をしながら、有田の自然と生活を楽しみ、作陶に没頭するひと時。

    日本の磁器のはじまりである有田。400年の長きにわたり培ってきた技術を最大限に活用することができるプログラムが「Artist in Residence」です。このプログラムでは、有田で生活しながら、幸楽窯内の様々な設備を使い、時に職人の指導を仰ぎつつ、心ゆくまでオリジナルの陶磁器の製作に没頭できます。
    また、幸楽窯はいわゆる一品物としての陶磁器作品の製作だけでなく、「工業製品」として少量〜大量生産するノウハウも持っていますので、商品としての陶磁器を製作したいというご要望にもお応えすることができます。国内外のアーティスト・陶芸家の皆さまのご利用をお待ちしております。

    お問い合わせはこちら

    幸楽窯の楽しみかた

    How to enjoy

    Pottery 1
    Point 01

    トレジャーハンティング等で
    購入した商品は国内外
    全国どこでも配送が可能です!

    Pottery 2
    Point 02

    景徳鎮で焼き物の修行をした
    有田焼マイスター兼ツアーガイドの
    ピメンタが常駐

    Pottery 3
    Point 03

    焼き物の知られざる魅力や
    目利きを効かすポイントを
    学ぶことができます!

    当敷地内には、ゲストハウス(宿泊可)もあります

    • Rakuten Travel
    • じゃらん
    • るるぶトラベル
    • dトラベル
    会社案内

    Profile

    企業の名称 徳永陶磁器株式会社
    商号 幸楽窯
    所在地 佐賀県西松浦郡有田町丸尾丙2512番地
    連絡先 TEL:0955-42-4121
    FAX:43-2627
    Mail:kouraku.jp@gmail.com
    代表者 代表取締役社長 徳永 隆信
    創業 慶応元年(1865年) 昭和38年7月1日 会社設立
    資本金 48,000,000円
    事業内容 業務用食器 ・一般家庭用食器・病院用強化食器・デザイン受注型商品
    敷地 19,000平方メートル
    主要 設備 シャットル本窯4基、 シャットル素焼窯2基、赤絵トンネル窯1基
    主要取引銀行 佐賀銀行 有田駅前支店・
    福岡銀行 佐世保支店